同性との性行為とb型肝炎感染の関係

b型肝炎はウイルス性の肝臓病なので、他人に感染する可能性があります。ウイルスが混在している体液が傷口や粘膜に触れると感染リスクが大幅に増大するのが特徴で、特に性行為は感染しやすい行為の一つです。同性愛者はb型肝炎を患う割合が多く、健康管理には細心の注意を払う必要があります。

b型肝炎の症状や感染する経路を正しく理解し、健やかな状態を保つことを心がけましょう。

b型肝炎が他人に移る経路と同性愛者の感染リスクについて

b型肝炎はウイルスが体内に入り込むことで感染する病気です。感染する理由の多くは母体から胎児に移る母子感染ですが、ウイルスに汚染された血液製剤の使用や注射針の使い回しなど、医療現場で感染するケースもありました。

現在ではウイルスの有無を確認する検査が徹底しているので、治療行為によってb型肝炎に感染する危険は殆どありません。医療従事者も手先を保護するゴム手袋を使って治療を行うので、院内感染のリスクも大幅に軽減しています。

その一方で医療現場とは無関係な所でb型肝炎に感染するケースが増大しています。b型肝炎は傷口や粘膜からウイルスが入り込むことで感染します。注射針の使い回しは様々な病気の感染原因であることから、b型肝炎を患う人の中では多数を占めたこともありました。

また、同性間の性行為を行う人もb型肝炎を患うことが多い傾向がありますが、これは妊娠しないことを理由にゴム製の避妊具を使わずにセックスを行うためです。陰茎や肛門は粘膜が露出しているうえにセックスによって微小な傷が生じます。

そこに体液が触れることでウイルスが体内に入り込み、b型肝炎を患う結果になってしまいます。

b型肝炎は注射で感染?注射で予防しよう

b型肝炎の症状と治療の方法

b型肝炎は肝臓の機能を損なう病気です。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれる通り、重大な疾患に見舞われても自覚症状が出にくいのが特徴です。b型肝炎についても感染した当初は食欲不振や倦怠感など、ただの体調不良に酷似した症状が出るだけなので気が付きにくい問題があります。

症状が進んで悪寒や吐き気などの症状が頻発するようになってから初めて自覚するのが一般的ですが、その頃には肝臓の機能は著しく低下しています。また、症状の重さは個人差があるので人によっては悪寒などの症状も殆ど出ないことがあります。

そのため、重篤化するまで全く自覚が無いケースもあります。b型肝炎は放置すると肝臓が殆ど働かなくなり、死亡する危険もあるので速やかな治療が大切です。b型肝炎は発症すると医学的な意味での完治は不可能です。体内で繁殖したウイルスを死滅させることは出来ないので、症状を抑える治療を生涯にわたって続ける必要があります。

b型肝炎の治療は症状を抑えるための投薬治療が主流です。症状が重くなると肝臓を切除するなど大掛かりな手術が必要になりますが、体力が著しく低下してしまう欠点もあります。b型肝炎の治療は長い年月をかけて続ける必要があるので金銭面の負担が大きくなりやすい傾向があります。

また、治療に要する時間も累積させると膨大なものになることから、綿密なスケジュール調整が不可欠です。

同性愛者に必要な感染予防の工夫

同性愛者がb型肝炎に感染するのは保菌者とのセックスが主な理由です。b型肝炎は感染力が低い部類の病気ですが、ウイルスが含まれている体液が体内に入り込むと感染リスクが大幅に増大します。

特に同性愛者はゴム製の避妊具を使わずにセックスを行うことが多いため、異性愛者と比べるとセックスを介した感染の割合が高いのが特徴です。また、性器や肛門を口に含んだり体液を飲む行為もb型肝炎がうつる理由になります。

セックスをはじめとする性行為は避けるのが感染しないための最良の方法ですが、ウイルスを遮断出来るゴム製の避妊具を使うことで安全な性行為が可能になります。性器など粘膜部分を舐める行為や体液を飲むことも避けるのが感染リスクをさらに下げるための工夫です。

同性間との性行為は妊娠しないことから、衛生管理がおざなりになりがちです。特に性器や肛門を舐めたり口に含むなど、通常のセックスとは異なる行為が重点的に行われる傾向があります。b型肝炎は粘膜であれば口内からでも感染するので、保菌者の疑いがある相手との性行為はゴム製避妊具を付けたうえで、性器の触れ合いに留めるのが無難です。

b型肝炎に感染した際の治療と健康管理の方法

b型肝炎治療は薬剤の投与で症状を抑える対処療法が一般的です。症状が重篤化して肝臓の機能が損なわれた場合は切除手術を行う必要があります。しかし、臓器を切除する手術は体力を激しく消耗するので、悪い部分を取り除いた後になってから急激に衰弱することも珍しくありません。

b型肝炎治療は肝臓障害の症状を抑えるだけではなく、患者の健康状態を良好に保つためのフォローにも気を配ることが求められています。専門医による指導を受け、自分自身で適切な体調管理を行うのも健やかに暮らすための工夫の一つです。

b型肝炎は適切な治療を続けることで大きな症状に見舞われるリスクを減らすことが出来ます。日常生活に不具合が起こる可能性も低く抑えることが可能ですが、体内にはb型肝炎のウイルスが残留しているので治療を怠ってはいけません。

症状が再発すると一気に体の具合が悪くなってしまうことが多いので、体調に目立った変化が無くても治療を続けることが重要になります。治療中の健康管理についても素人判断では行わず、専門医に相談するのが賢明です。

健康状態が悪くなると再発のリスクも増大することから、常に体の具合に注意を払って良好な状態を保つことを心がけます。

b型肝炎の予防接種でしこりができることもある

b型肝炎の正しい知識を持つ意味と自身の体調との関係

b型肝炎は感染症ですが、衛生管理を正しく行って体調を良好に保てばうつる可能性は殆どありません。また、保菌者も適切な治療を受けることで症状が出るのを防ぐことが出来ます。病気と正しく向き合うには正しい知識を持ち、偏見に囚われないことが大切です。

特に同性愛者のb型肝炎に関しては性行為以外の理由で感染することも多いので、先入観を持たずに真摯な姿勢で接することを心がけます。b型肝炎をはじめとする感染症の多くは疲労やストレスの蓄積で体力が低下している時に最もうつりやすくなります。

日頃から十分に休息を取って体力を温存するのが危険な病気に感染しないための心得です。また、ささくれや深爪など指先の不具合を軽視せず、ゴム手袋の使用で感染を防ぐのも正しい知識に裏打ちされた適切な行動になります。

そのため、感染症の正しい知識を持つのは自身の体を守ることにも繋がります。