b型肝炎は注射で感染?注射で予防しよう

注射器の使いまわしは、b型肝炎の主な感染経路の一つとして挙げられています。その理由はb型肝炎ウイルスの特徴にあります。感染を防ぐためには、ウイルスの特徴を知り、感染経路を取り除くことが大切です。それとともに、b型肝炎は注射で予防することができます。

b型肝炎は一度感染すると治りにくいので、事前の予防が大切です。感染経路と予防策をしっかり把握しておくようにしましょう。

b型肝炎はどんな病気か

b型肝炎ウイルスが侵入し、肝臓内で繁殖すると、免疫機能はウイルスを排除しようと肝臓に働きかけます。この時ウイルスと共に正常な肝臓の細胞も攻撃してしまいます。その結果肝臓の細胞が傷つき、炎症が起こるようになるのです。

肝臓に炎症が起きると、全身倦怠感・食欲不振・嘔吐・黄疸・褐色尿といった症状が現れます。炎症がひどいとアンモニアなどの有害物質を分解する機能が低下し、意識消失などを引き起こすことがあります。ただし肝臓は細胞の一部が壊されても、残りの部分で働きを補うことができます。

そのためb型肝炎ウイルスに感染しても、症状が現れないことも多いです。また肝炎の症状が現れた場合、しばらく経つと症状が自然に治まることが多いです。症状が現れてからしばらく経つと、b型肝炎ウイルスに対する抗体が体内で作られるようになるからです。

抗体が体内に作られると、ウイルスの活動が抑えられるようになります。さらに再びウイルスが侵入した際に抗体がすぐ反応し、ウイルスの侵入を防ぐことができるようになります。b型肝炎の場合、抗体ができることでその後症状が見られなくなることが多いのです。

ただし症状が見られなくなったからといって、完全に治ったとは言えない場合もあります。多くの場合b型肝炎は自然治癒します。しかしひとによってはb型肝炎ウイルスが体内に留まり続けることがあります。この無症候性キャリアの状態になると、肝臓に負荷がかかりやすくなります。

常に肝臓に負荷がかかることで慢性肝炎・肝硬変・肝臓がんなどにつながる可能性が出てきます。さらに免疫機能の低下等によりb型肝炎ウイルスが再度活発化、急性b型肝炎を引き起こすこともあります。

b型肝炎の感染経路

b型肝炎ウイルスは一度感染すると、肝臓に負荷をかける可能性が高いです。人によっては徐々に肝機能が低下し、肝臓がんにまでつながることもあるでしょう。そこで大切なのが、b型肝炎ウイルスに感染しないことです。

b型肝炎ウイルスは主に血液・体液を介して感染します。輸血・性行為等が主な感染経路として挙げられます。またb型肝炎ウイルスは感染力が強いため、母子感染の危険性もあります。

注射器の使いまわしに要注意

b型肝炎ウイルスの感染経路は血液・体液になります。そのため感染を防ぐためには、血液・体液の接触をできるだけ避ける必要があります。特に気をつけたいのが、血液の付着した道具の共有です。注射器・カミソリ・歯ブラシなどは血液が付着する恐れがあります。

その道具を共有すると、血液を介して感染する可能性が高いのです。特に注射器を使用すると、ほぼ確実に血液が付着します。その注射器を共有することで、b型肝炎ウイルスの感染が広まるのです。

さらに注射器の場合、危険なのは針だけではありません。筒も使い回すことで感染のリスクが生じるようになります。そのため注射をする際は必ず針・筒共に毎回取り替えることになっています。

使用済みの注射器の処理方法

b型肝炎は血液が付着した道具を共有したり、触れることで感染する恐れがあります。特に注射器は針・筒共に使い回すと感染する可能性が高いため、注射の度に取り替える必要があります。病院等で注射する場合、医師・看護師が使用済みの道具については適切に処理します。

ただし糖尿病等抱えている病気によっては、自力で注射しなければならない場合もあります。その場合も基本的には注射器は毎回取り替え、使い終わった注射器を適切に処理する必要があります。使い終わった注射器などは、まず袋や箱に入れ、密封します。

次に密封した袋を再度別の袋や箱に入れ、再び口を閉じます。この状態にしてやっと可燃ごみと一緒に捨てることができるようになります。なお使用済みの道具に触れる際は、必ず手袋を着用してから行います。万が一手がケガすると、そこから感染する可能性があるからです。

感染を広げないようにするためにも、使用済みの注射器の処理は確実に行うようにしましょう。

海外での医療行為に要注意

b型肝炎は輸血や注射器の使いまわし等で感染する恐れがあります。現在日本では輸血・医療器具の使いまわしによるb型肝炎感染の危険性を少しでも避けるため、細心の注意が払われています。輸血に使われる血液はb型肝炎ウイルスの検査を行ってから使用します。

医療器具も殺菌消毒をしっかり行い、注射器も1回使用したら処分するよう徹底されています。その結果現在日本では、輸血や医療器具によるb型肝炎感染の可能性は減少しています。しかし海外の場合は違います。地域によっては医療設備が十分整っておらず、b型肝炎ウイルスが含まれているか確認しないまま輸血に使用したり、十分殺菌消毒せずに医療器具を使いまわす場合があります。

海外で大きなケガや病気をした場合、現地で治療を受けることになります。医療が十分発達していない国や地域の場合、医療行為によって感染する可能性がまだ高いのです。そのため海外、特に医療の発達が十分ではない地域に行く際は、事前に予防接種することが重要となります。

同性との性行為とb型肝炎感染の関係

b型肝炎は注射で予防できる

b型肝炎は血液や体液によって感染し、一度感染するとその後無症候性キャリアに移行する場合もあります。そのためb型肝炎の発症を防ぐためには、まずウイルスの感染経路をできるだけ避けることが重要となります。また、b型肝炎は事前にワクチンを投与することで予防できる病です。

感染・発症を防ぐためには、b型肝炎の予防接種を受けることも重要です。

b型肝炎の予防接種でしこりができることもある

b型肝炎の予防接種の流れ

b型肝炎の予防接種は、皮下注射で行われます。b型肝炎のウイルスの外殻に似たタンパク質を皮膚と筋肉の間の組織に注入すると、免疫機能がそのたんぱく質に対して反応を示すようになります。免疫機能はやがて注入されたたんぱく質を外敵と判断し、抗体を作り出します。

この抗体ができることで、本物のb型肝炎ウイルスが侵入してきた時も対処することができるのです。なおb型肝炎の予防接種は、3回行う必要があります。まず1回注射した後、約4週間後に2回目の注射を行います。2回目の注射後、2週間ほどで抗体が作られていきます。

ただしこの時作られた抗体は、約半年経過すると効果が薄れていきます。そこで最初の注射から5~6か月後にもう一度注射します。3回注射した結果、HBs抗体が十分にできていれば、b型肝炎ウイルスに対する抗体が作られたということになります。

b型肝炎ワクチンは3回接種で効果あり

参照…B型肝炎 給付金:アディーレ法律事務所http://www.adire-bkan.jp/